ホラーとアルノとB級映画

好きなものを好きに

【鳥】人類VS鳥の大群!-映画の感想・あらすじ・ネタバレ

 

こんばんは!私です。

本日もおすすめ映画の紹介をしていきます

 

 

皆さんは鳥に襲われたことはありますか?

私は手にパンもって歩いていたところパンを奪われたことがあります♪

 

 

 

今回は映画「鳥 THE BIRDS」をかる〜く紹介していきたいと思います!

 

 

【概要・キャスト】

公開:1963 (アメリ)

監督:アルフレッド・ヒッチコック

出演:ティッピー・ヘドレン、ロッド・テイラー、スザンヌ・プレシェット

 

 

【あらすじ・解説】

巨匠、アルフレッド・ヒッチコック監督が撮り上げた傑作パニック。鳥たちが人間を襲うというたったひとつのシチュエーションで、あらゆる恐怖を引き出す手腕は見事。

 

突然舞い降りてきた1羽のカモメが、メラニー・ダニエルズの額をつつき飛び去った。これが事件の発端だった。不吉な影がボデガ湾沿いの寒村を覆い、若い弁護士・ブレナーはただならぬ予感に襲われる。そして、程なくブレナーの予感は現実となり

 

video.unext.jp

 

 

【感想・レビュー・考察】

大きなネタバレなしですが多少のネタバレを含む場合があります。

 

 

今の映画のようなド派手な特殊効果などはないのですが合成の技術がすごく一切作り物感を感じることなく60年近く前の作品とは思えません!

 

60年近く前の作品ということもあり勝手に人の家に入ったりと今では考えられないようなシーンもあり昔のアメリカを感じることができる作品はとなっています。

 

普段生活をしている中で見かけても脅威に感じることのない""を恐怖の存在として描いているのが面白いです。

 

校庭のジャングルジムにカラスの大群が集まっているシーンや家や庭にびっしりと隙間なく集まっている鳥の姿を見ると普段感じないような不気味さを感じます。

 

1匹だと怖いとは思わない鳥でも集団で子供達に向かって飛び立つシーンは鳥が知能を持って人間のことを襲い始めたら人間は勝てないと思わされます。

 

前半はラブストーリー&コメディのような展開なのですが後半に急展開を迎え一気にホラーになるのでより怖さが引き立ちます。

 

映画の象徴のような"愛の鳥"メラニーの荒っぽい運転にカーブに合わせて体傾けているところがかわいいです

 

鳥の大群を見たい方は早朝の渋谷の街へ行ってみてください!

繁華街の飲食店から出た残飯を狙っている大量のカラスとハトを見ることができます♪

人より鳥の方がいるので初めて見る方はびっくりすると思います笑

 

鳥が好きな人も鳥が苦手な人はより鳥嫌いになってしまうような作品となっています。

身近なところに潜む恐怖を感じたい方はぜひ鑑賞してみてください!

 

 

【評価】(5段階評価)0.5

ストーリー:☆☆☆★

映像・演出:☆☆☆☆☆

音楽・音響:☆☆☆

価:☆☆☆☆

 

完全な主観での評価ですのでご了承ください。

 

 

【鑑賞方法・配信サイト】

20211月現在、私はU-NEXTで鑑賞しました!

 

それでは、おやすみなさい!

 

 

↓↓↓こちらから登録すると31日間無料でサービスを利用できます♪↓↓↓

[http:// ]