私の"軽い"映画日記

鑑賞した映画についてかる〜く書きます

【ハッピーボイス・キラー (THE VOICES)】生首と共同生活☆-感想・あらすじ

 

こんばんは!私です。

本日もおすすめ映画の紹介をしていきます

 

 

皆さんは天使のささやき、悪魔のささやきが聞こえてくることはありますか?

 

 

今回は映画「ハッピーボイス・キラー (THE VOICES)」をかる〜く紹介していきたいと思います!

 

 

 

 

【概要・キャスト】

公開:2014 (アメリ)

監督:マルジャン・サトラピ

出演:ライアン・レイノルズジェマ・アータートンアナ・ケンドリック

 

 

【あらすじ・解説】

主演のライアン・レイノルズが一人5役に挑戦。誰も予測できないぶっ飛んだハッピーエンディングは必見。ジェマ・アータートンアナ・ケンドリックら豪華キャストが共演。

 

風変わりな青年、ジェリー・ヒックファンはしゃべるペットの犬と猫にそそのかされながら、精神科医・ウォーレン博士の助けを借り、真っ当な道を歩もうとしている。ある日、ジェリーは職場で気になっている女性・フィオナにデートをすっぽかされ

出典:video.unext.jp

 

 

 

 

 

【感想・レビュー・考察】

大きなネタバレなしですが多少のネタバレを含む場合があります。

 

 

女性と一緒に車でディナーに向かう途中に鹿に追突してしまい、鹿に殺してくれと頼まれ鹿の首をナイフでぶっ刺す主人公ジェリー、それを見てヤバいやつだと察して逃げる女性を殺してしまいます。

 

 

主人公のジェリーがかなりヤバいです。

女性をナイフで刺しておきながら"刺してごめん、痛い?" というようなサイコ野郎です。

 

 

一人暮らしのジェリーの家には言葉を喋る猫のMr.ウィスカーズと犬のボスコがいます。

 

 

ジェリーはこの2匹に困った時は相談するのですが女性を殺したことを話すとMr.ウィスカーズは毒舌で死体を隠せと彼を悪の道に誘い、ボスコは警察に行けと彼に助言します。

 

 

実際に猫と犬がしゃべるはずはないのでこの2匹はジェリーの中の天使と悪魔で彼の考えを代弁しています。

 

 

そして女性を解体して生首を冷蔵庫に保管するとその生首までが彼の殺人を正当化するようなことをしゃべりだします。

 

 

精神科で処方される薬を飲むと猫も犬もしゃべらなくなり生首もただの死体に戻ります。

 

そして薬が切れるとまたみんな喋り出すという彼の精神状態の異常さ、幼少期のトラウマ、快楽殺人などディープなテーマですが、犬、猫の口調や生首が喋りだすようなコミカルな感じですのでコメディ映画として楽しめます。

 

エンディングまでとにかくぶっ飛んでいる作品ですので、ぜひ興味を持った方は観てみてくださいね♪

 

 

 

【評価】(5段階評価)0.5

ストーリー:☆☆☆☆

映像・演出:☆☆☆☆☆

音楽・音響:☆☆☆★

価:☆☆☆☆

 

完全な主観での評価ですのでご了承ください。

 

 

【鑑賞方法・配信サイト】

20212月現在、私はU-NEXTで鑑賞しました!

 

 

おすすめ映画をまとめていますので、ぜひ他の記事も見ていってくださいね♪

 

それでは、おやすみなさい!!

 

↓↓↓31日間無料で動画見放題↓↓↓

↑↑↑31日間無料で動画見放題↑↑↑

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ハッピーボイス・キラー [ ライアン・レイノルズ ]
価格:1584円(税込、送料無料) (2021/2/7時点)

楽天で購入

 

 

↓応援ありがとうございます↓

にほんブログ村 映画ブログへ