私の"軽い"映画日記

鑑賞した映画についてかる〜く書きます

【フレッシュ・ミート サイケな家族】ギャングvsカニバリズム家族-感想・あらすじ

 

こんばんは!私です。

本日もおすすめ映画の紹介をしていきます

 

 

今回は映画「フレッシュ・ミート サイケな家族」をかる〜く紹介していきたいと思います!

 

 

 

 

【概要・キャスト】

公開:2013 (ニュージーランド)

監督:ダニー・マルヘロン

出演:テムエラ・モリソン、ケイト・エリオット、ハンナ・テヴィタ

 

 

【あらすじ・解説】

ニュージーランド発、強烈な個性を放つ家族の騒動を描いたカニバルコメディ。同性愛、人肉、極悪犯罪者に押し入られるなど、次々と衝撃的な事態が発生するカオスな1作。

 

努力家の女子学生・リナ。女子寮での生活を終え実家に戻った彼女は、大学准教授の父・ヘミ、料理研究家の母・マーガレット、高校生の弟・グレンと食卓を囲むのを楽しみにしていた。だが冷蔵庫を物色していた彼女は調理された人間の手を発見してしまう。

出典:video.unext.jp

 

 

 

【感想・レビュー・考察】

大きなネタバレなしですが多少のネタバレを含む場合があります。

 

 

久しぶりに家に帰ると冷蔵庫に人間の手らしきものがあり、まさか本物じゃないよね?と両親に聞くと実は両親はカニバリズムに目覚めていて、さらに家に警察から逃走中のギャングが家に乗り込んでくるというコメディスリラーです

 

くっだらないB級映画で最高です!

"爆弾担当" "女の子が好き" "果物を無許可で販売して逮捕"最初の登場人物紹介からおふざけMAXで面白いです。

 

前半はおマヌケギャングvsカニバリズム家族のコメディ強めのシーンが多いのですが後半になるにつれて、娘vs家族のスリラー強めの展開に変化していきます。

 

ヤバいやつのはずだったギャングがどんどんサイコな家族にやられていく姿は爽快というよりもむしろ可哀想です。

 

カニバリズムということでグロテスクなシーンはありますがコミカルに描かれているためそこまでグロく感じません。

 

殺したばかりのギャングの〇〇で肉団子を作るシーン、食べるシーンはキモすぎます笑

 

いろいろと詰め込みまくった爆笑のB級映画ですので、ぜひ興味を持った方は観てみてくださいね

 

 

【評価】(5段階評価)0.5

ストーリー:☆☆☆★

映像・演出:☆☆☆

音楽・音響:☆☆☆

価:☆☆☆

 

完全な主観での評価ですのでご了承ください。

 

 

【鑑賞方法・配信サイト】

20212月現在、私はU-NEXTで鑑賞しました!

 

R15+ですので、鑑賞の際はご注意ください。

 

 

おすすめ映画をまとめていますので、ぜひ他の記事も見ていってくださいね♪

 

それでは、おやすみなさい!!

 

↓↓↓31日間無料で動画見放題↓↓↓

↑↑↑31日間無料で動画見放題↑↑↑

 

 

↓応援ありがとうございます↓

にほんブログ村 映画ブログへ