私の"軽い"映画日記

鑑賞した映画についてかる〜く書きます

【シャーロットのおくりもの】こぶたとクモの心温まる物語☆-感想,あらすじ,ネタバレ

 

こんばんは!私です。

本日もおすすめ映画の紹介をしていきます

 

 

皆さんがお気に入りの動物が活躍する映画は何ですか?

 

 

今回は映画「シャーロットのおくりもの」をかる〜く紹介していきたいと思います!

 

 

 

【概要・キャスト】

公開:2006 (アメリ)

監督:ゲイリー・ウィニック

出演:ダコタ・ファニング、ケヴィン・アンダーソン、ジュリア・ロバーツスティーヴ・ブシェミ

 

 

 

【あらすじ・解説】

EB・ホワイトの児童文学を実写化したファンタジー。当時12歳だったダコタ・ファニングや動物たちの愛くるしい姿に加え、実力派が結集したボイスキャストにも注目を。

 

エラブル家の農場で10匹の子豚が生まれるが、そのうちの一匹ウィルバーが向かいのザッカーマン農場に引き取られる。やがて、兄弟10匹がハムにされる運命だと知って怯える彼に、心優しき蜘蛛のシャーロットがハムにされないよう守ってあげると約束するが。

出典:https://video.unext.jp/freeword?query=シャーロットのおくりもの&td=SID0019181

 

 

 

【感想・レビュー・考察】

大きなネタバレなしですが多少のネタバレを含む場合があります。

 

 

私はこの映画が大好きでもう数十回以上鑑賞しています♪

 

ハムにされてしまう予定の子ぶたのウィルバーを救うために納屋の動物たちが力を合わせて頑張るストーリーは動物好きであれば楽しめること間違いなしです!

 

嫌われ者のネズミや見た目のせいで怖がられてしまうクモのシャーロットを受け入れたりとウィルバーが前向きでだれでも受け入れることのできる優しい性格がみんなを変えていきます。

彼が納屋に来てから周りの動物たちがどんどん彼に勇気を与えられ変化していく様子や彼の諦めない姿勢はいつ観ても心が温かくなります。

 

ジュリア・ロバーツダコタ・ファニングなど出演者も豪華なのが見どころです♪

日本語吹き替え版では、山寺宏一松本伊代&ヒロミ夫婦や千原兄弟など有名芸能人が多数吹き替えを担当しています。

 

字幕版でも吹き替え版でもそれぞれ良さがありどちらでも楽しめる作品です

 

観るだけで元気になれる心温まる作品ですので、ぜひ興味を持った方は観てみてくださいね!

 

 

 

【評価】(5段階評価)0.5

ストーリー:☆☆☆☆☆

映像・演出:☆☆☆☆☆

音楽・音響:☆☆☆☆

価:☆☆☆☆☆

 

完全な主観での評価ですのでご了承ください。

 

 

 

【鑑賞方法・配信サイト】

20211月現在、私はU-NEXTで鑑賞しました!

 

 

おすすめ映画をまとめていますので是非他の記事も見ていってくださいね♪

 

それでは、おやすみなさい!

 

 

↓↓↓31日間無料で動画見放題↓↓↓

↑↑↑31日間無料で動画見放題↑↑↑

 

 

にほんブログ村 映画ブログへ

 

/