ホラーとアルノとB級映画

好きなものを好きに

【ヘレディタリー/継承】祖母の死後不可解な出来事が!-感想・あらすじ

こんばんは!私です。

 

今回は映画「ヘレディタリー/継承」をかる〜く紹介していきたいと思います!

 

この映画のタイトルを初めてみた時、ヘレディタリー"継承"というぐらいなので続編の映画なのかなと思いましたが普通に1作目でした笑

 

 

【概要】

公開:2018年

監督:アリ・アスター

出演:アレックス・ウルフ、トニ・コレット、ミリー・シャピロ

 

今作はアリ・アスター監督の長編映画デビュー作品です☆

 

 

【予告編】

youtu.be

 

 

【あらすじ】

家長である祖母の死をきっかけに、さまざまな恐怖に見舞われる一家を描いたホラー。祖母エレンが亡くなったグラハム家。過去のある出来事により、母に対して愛憎交じりの感情を持ってた娘のアニーも、夫、2人の子どもたちとともに淡々と葬儀を執り行った。祖母が亡くなった喪失感を乗り越えようとするグラハム家に奇妙な出来事が頻発。最悪な事態に陥った一家は修復不能なまでに崩壊してしまうが、亡くなったエレンの遺品が収められた箱に「私を憎まないで」と書かれたメモが挟まれていた。「シックス・センス」「リトル・ミス・サンシャイン」のトニ・コレットがアニー役を演じるほか、夫役をガブリエル・バーン、息子役をアレックス・ウルフ、娘役をミリー・シャピロが演じる。監督、脚本は本作で長編監督デビューを果たしたアリ・アスター

eiga.com

 

【感想】

アリ・アスター監督の映画はカメラワークが巧妙で観ていると不思議な気分になります。上映開始直後のドールハウスのシーンは必見です!

 

軽いネタバレあり

この映画主人公が最後まで全くわかりません!

映画のポスターには祖母と孫である少女チャーリーが載っていたので、てっきりチャーリーメインでストーリーが進んでいくと思いました。

しかしチャーリーは序盤で交通事故で首を刎ねられ死んでしまいます。また、家族にも次々と不可解な出来事が起き、登場人物の視点が次から次へと変わっていき終盤までわからないままです。

先が読めないストーリーがこの先の展開が分からず恐怖をより煽っているように感じました。

 

ホラー映画によくある、びっくりするようなシーンやグロテスクなシーンなどはそこまで多くないですがストーリーがとにかく暗くじっとりした内容がずっと続きますので終始不安感に襲われます

 

私はローズマリーの赤ちゃんなど悪魔崇拝系のホラー映画が大好きです♪

その手の映画が好きな人なら斬新で面白い映画だと感じるはずです。

 

アリ・アスター監督の映画はミッドサマーもヘレディタリー/継承も、裸の人間がたくさん登場しますので自宅で鑑賞をする際はご注意下さい笑

アリ・アスター監督は次作は4時間にも及ぶ悪夢のコメディー映画になる予定とインタビューに答えているので新作も期待ですね!

 

【評価】(5段階評価)0.5

ストーリー:☆☆☆☆

映像・演出:☆☆☆☆★

音楽・音響:☆☆☆☆

価:☆☆☆☆★

 

完全な主観での評価ですのでご了承ください。

 

 

【鑑賞方法】

私はTSUTAYAでレンタルして鑑賞しました!

 

それでは、おやすみなさい!

 

item.rakuten.co.jp